back to top

Yoshihiro FUJITA

作品s藤田芳弘の作品は、それが得るほど簡単です。日本のアーティストの油絵は、マンガ漫画に触発された目のクローズアップを表しています。藤田は自然な目の構造を研究してきましたが、現実的な人間の目の画像を作成しようとはしていません。彼のインスピレーションは、主に日本の漫画や漫画の世界から来ています。日本の漫画や漫画は、さまざまなコンピューターゲームや宮崎asなどの著名なアニメーターのおかげで、過去10年間で世界的なトレンドになりました。藤田は、日本の美学を母国の国境を越えて広めることに貢献したいと考えています。

コンピューターグラフィックスと絵画

藤田は、千九百七十一年に鹿児島市で生まれました。驚いたことに、彼は経済学を卒業しましたが、芸術に対する彼の関心は非常に圧倒的でした。 千九百九十九年に、彼は視覚芸術を趣味として持つことから、コンピュータグラフィックスを学ぶことに切り替えました。その後、彼自身の才能に導かれて、彼はデジタルアートだけでなく、伝統的なドローイングとペインティングも探求し続けました。彼が絵を描いている間、彼の関心は自然な目の研究に集中するようになりました。複雑な構造、透明性、非常に特殊な光反射特性のため、目を描くことは困難ですが、藤田はこのスキルを習得したかったのです。コンピューターグラフィックスに関する彼の深い知識と既に芸術的な精度を獲得した藤田は、彼の目標を達成するのに役立ちました。

目の言語

日本の漫画や漫画での目の役割は、通常のボディーランゲージと同じくらい重要です。目は、実際の生活と漫画の両方で、さまざまな気分や意図の最も強力な指標の一部です。人間は瞳孔の大きさを制御できないため、目を見るだけで人の心の状態を正常に解読するには、ほんの少しの言語学習が必要です。藤田の絵画は、実際の人間の目を表していないにもかかわらず、最も多様な心の状態を描いています。特に彼の絵は目だけに焦点を当てているため、恐怖、興奮、自信、内気など、彼のキャラクターのさまざまな気分に注意するのは面白いです。藤田の作品の大部分では、彼のキャラクターの顔全体を見ることができません。目を含む細い皮膚があります。彼のアートのトピックは非常にシンプルに見えますが、藤田は彼の作品で非常に詳細です-彼のキャラクターの目は最も多様な色と形で来て、彼の絵画スキルは並外れています。藤田の作品は、驚くほど正確にほとんど写真に見えます。

マンガ美学

マンガコミックは、日本の新世代のアーティストだけでなく、日本の都市文化のライフスタイルや美学全体にも影響を与えてきました。この遊び心があり、奇妙で、奇妙に魅力的なスタイルは、すでにアジア、ヨーロッパ、米国全体で大きな成功を収めています。藤田の芸術は明らかにマンガの美学に属しますが、同時に彼の作品の焦点は非常に具体的であるため、よく知られているトピックに対するいくつかの新しい洞察を提供します。アーティストは、人間の目の形式的な研究に基づいた遊び心のある作品を通して、日本の漫画の目の特徴と意味を徹底的に探求しました。

藤田佳弘は、福岡に住んでいます。

You don't have permission to register

0